先払い買取を利用してしまった!多重債務・トラブルや犯罪の危険性を解説

先払い買取を利用してしまった!多重債務・トラブルや犯罪の危険性を解説

「商品券を撮影して先払い買取に送信したけど、このサービスは大丈夫?」

「商品を受け取ってもらえず、高額なキャンセル料を請求されたけどどういうこと?」

これは、先払い買取の仕組みを利用した闇金の一種であり、利用後に多重債務に陥る可能性があります。

また、個人情報が悪用されることで、さらなるトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

今回は、先払い買取を利用したらどうなるか、利用したことによって考えられるトラブルを解説するので参考にしてみてください。

目次

先払い買取とは

先払い買取とは、ゲームソフトや商品券、ブランド品などを撮影して買取業者に査定をしてもらうサービスです。

新しい形態のサービスであり、まだ世間への認知度が低い状態です。

また、先払い買取の仕組みを悪用して、キャンセル料の受け取りを目的として闇金を行っている業者が存在しています。

利用者が商品を発送しても受け取ろうとせず、発送期日を過ぎたことにより高額なキャンセル料をもらうのが目的です。

先払い買取業者は商品の買取を行っているため、都道府県の古物商許可を受けなければいけません。

そのため、古物商許可がない業者は正規の業者ではなく、闇金を目的とした悪質な業者であると考えられます。

先払い買取業者を利用してしまったらどうなる

先払い買取業者を利用すると、多重債務に陥ったり犯罪に巻き込まれたりするリスクが考えられます。

そのため、やむを得ない事情で利用してしまっても、続けて利用しないでください。

ここでは、先払い買取を利用した後にどうなるのかを解説します。

多重債務に陥ってしまう危険性がある

多重債務とは、既にある借金を返済するために他の金融機関からお金を借り入れて、利息によって借金が増え続ける状態を指します。

多重債務の状態に陥ると、どうしても個人の力では解決できません。

そこで、借金を大幅に減額してもらう、自己破産手続きで借金を帳消しにしてもらうなど債務整理を利用することになります。

先払い買取を利用すると、高額なキャンセル料を払うことになり、多重債務に陥る可能性があります。

そのため、違法な先払い買取は利用しないようにしましょう。

なお、消費者庁では以下の注意書きがあります。

<ご注意ください>後々の高額な違約金(キャンセル料)名目の金銭の支払いにより、かえって生活が悪化し、多重債務に陥る危険性があります。取引で提供した個人情報が悪用されたり、ネット上でさらされるなど、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性があります。

引用元:消費者庁「先払い買取現金化について」

多重債務になる前に、危険性を理解するのが重要です。

トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性がある

消費者庁のサイトに以下の注意書きがあるので、確認しておきましょう。

取引で提供した個人情報が悪用されて、ネット上でさらされるなど、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性があります。

個人情報が流出することで、クレジットカードやさまざまなアカウントが悪用されるリスクがあるからです。

ここからは、先払い買取を利用することでトラブルや犯罪に巻き込まれる根拠を解説するので、確認してみてください

違法性のある貸金業だから

先払い買取は、取引自体が貸金業にあたります。

商品を受け取っていないうちに査定金額を振り込むのは、お金を貸していると捉えられるためです。

実際に、査定の後にお金は振り込まれます。

しかし、業者は例え期日が過ぎても品物を受け取るつもりはなく、送ろうとしても業者に届かない仕組みになっている状態が考えられます。

業者が指定した期日が過ぎて請求されるのは、振り込んだ査定金額の返還とキャンセル料です。

査定金額の返還は返済、キャンセル料は利息と捉えられる点が、先払い買取が貸金業にあたる理由です。

貸金業を営むのであれば都道府県知事や内閣総理大臣に対して登録をしなければいけません。

しかし、先払い買取業者のほとんどは貸金業登録を行っていないため、違法性があります。

キャンセル料・手数料が高額だから

キャンセル料は、査定金額の20%から50%程度に設定されていることが多いものです。

例えば、ブランド品のバッグを20万円で査定してもらい、お金が振り込まれたとしましょう。

1週間が経過するまでに業者に品物を送らないといけませんが、1週間の間に業者が品物を受け取らず、キャンセル料30%が発生します。

この場合に請求されるのは、振り込んだ20万円の返還と、キャンセル料の6万円です。

先払い買取業者のキャンセル料は、実質的に利息と置き換えられます。

1週間で30%の利息が付きますから、これを年利に直した場合は1,500%と高額です。

執拗な取り立てに遭う可能性があるから

先払い買取業者と取引をしていると、執拗な取り立てに遭う可能性があります。

先払い買取業者からのキャンセル料は、20%〜50%ほどと高額です。

支払いが滞ると電話やメールで執拗に催促をしてきたり、利用者の家族や職場に連絡したりします。

数万円もするようなキャンセル料はすぐには支払えません。

つまり、先払い買取業者を利用すると、執拗な取り立てに遭うわけです。

闇金業者は法を守っていないので、取り立てについても法を守る意識はありません。

その分、取り立ては悪質です。

悪質かつ執拗な取り立てに我慢できず、利用者自身がお金のために犯罪に手を染めるケースにも注意しなければいけません。

個人情報を悪用される可能性があるから

闇金を利用すると、住所・氏名や勤務先、お金に困っているという状況が闇金業者同士で流用されます。

そのため、先払い買取を利用すると利用者の情報が流出して、悪用されてしまいます。

また、「押し貸し」にも注意が必要です。

押し貸しとは、依頼していないのに業者が勝手にお金を貸すことを指します。

また、過剰な電話勧誘や訪問勧誘が増える可能性があり、精神的に疲弊することも考えられます。

情報が流出するのは、同じ闇金同士だけではありません。

例えば、過去に闇バイトに凶悪な犯罪を実行させる「闇バイト犯罪」が報道されました。

闇バイト犯罪は、応募した人の個人情報を取得して、闇バイトに対して脅迫をすることで犯罪を実行させる仕組みです。

こういった闇バイト犯罪は、先払い買取を利用することによる情報流出においてもあり得ます。

情報流出によってさまざまな犯罪に巻き込まれることがありえるため、先払い買取は利用しないでください。

違法な先払い買取業者の特徴

先払い買取業者を利用するとさまざまなトラブルに巻き込まれるため、利用してはいけません。

違法な先払い買取業者を利用しないためには、事前に特徴をつかみ、闇金業者であると理解する必要があります。

そこで、闇金を行っている先払い買取の特徴を紹介するので、参考にしてみてください。

契約の解除を前提としている

業者は契約を成立させるつもりはなく、契約解除によってキャンセル料をもらうことを目的にしています。

こういった業者であっても、買取査定から現金化までは普通の業者と変わらず、商品を業者に送ることになります。

しかし違法な業者は、何らかの理由を付けて品物を受け取ろうとしません。

そして、商品を送らなかったという口実で契約解除をして、キャンセル料を請求してきます。

貸金業登録をしていない

現金化を貸付とすれば、契約解除による査定金額の返還とキャンセル料はそれぞれ返済と利息と捉えられます。

つまり、キャンセル料が前提の貸付を行っているため、先払い買取業者は実質お金の貸付です。

貸付を生業とするには、金融庁から貸付業の登録を受けなければいけません。

しかし先払い買取業者は、貸金業の登録を行っていない場合が多いものです。

登録を受けていない場合は違法性が考えられ、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

貸金業の許可が確認できない業者とは、取引をしないようにしてください。

上限金利を無視している

貸金業者が請求できる利息には、年利20%という上限が設定されています。

先払い買取業者は、上限金利を無視して営業しています。

1週間の間に品物を送らないと30%のキャンセル料が請求されるので、1年に換算すると1,500%という暴利です。

このように、違法な先払い買取業者は、法で決められている上限利息を無視しています。

正規の業者でないような勧誘をしてくる

違法な先払い買取業者は、以下のような勧誘で手軽さをアピールしてきます。

  • すぐに貸せる
  • ブラックOK
  • 審査なし

こういった勧誘は闇金業者が仕掛けた罠です。

闇金業者がターゲットとしている正規の貸金業者を利用できない人は、高額な金利であっても利用してしまいます。

ちなみに正規の貸金業者は、借り入れをするときに審査があります。

つまり、審査がないと宣伝するのは正規の業者ではありえないわけです。

 先払い買取業者との取引で困ったときの相談先

違法な先払い買取業者と取引をしてしまうと、高額なキャンセル料を請求されて経済的に困窮したり、悪質な取り立てに遭ったりすることが考えられます。

こういったときは、1人で悩まずに相談しましょう。

ここでは、違法な業者との取引で困ったときの相談先を紹介するので、参考にしてみてください。

国民生活センター(消費生活センター)

国民生活センターの中に、消費生活センターの相談窓口があります。

商品やサービスについての苦情や問い合わせを受け付けており、相談員が公正な立場から処理にあたってくれます。

利用した先払い買取業者が商品を受け取ってくれず、業者からキャンセル料を請求されたトラブルがあったときにおすすめです。

警察

利用した先払い買取業者から請求されたキャンセル料を払えず、違法な取り立てに苦しんでいるのであれば、警察(ダイヤル:9110)に相談しましょう。

業者が刑法に抵触するような悪質な取り立てを行っている場合は、警察が捜査をしてくれる場合があるからです。

警察には民事不介入の原則がありますが、刑事事件として立証できる証拠があれば動いてくれます。

司法書士

利用した先払い買取業者からの高額なキャンセル料に困っている場合は、司法書士へ相談してみてください。

先払い買取業者は法を守っていないため、法律の専門家である司法書士や弁護士に弱いからです。

そのため、司法書士が関与した時点で、多くの場合は取り立てが止まります。

利用者と闇金との関わりを根本から断ってくれるため、しつこく連絡してくる相手も司法書士が交渉してくれます。

依頼料は発生しますが、1人で問題を抱えるよりはぜひイーライフ司法書士法人に相談してください。

の取り組み

アカルイミライを運営するイーライフ司法書士法人では、創業当初から闇金問題に取り組んできました。

闇金からの嫌がらせの解決や利息の返金交渉などに対する多くのノウハウを持っています。

闇金問題の無料相談を常時、実施しております。

闇金無料相談の予約はこちらから

まとめ

先払い買取には、正規の業者は存在しません。

もし先払い買取を利用してしまったときは、契約解除を理由に高額なキャンセル料や手数料を請求されます。

そのため、キャンセル料を払えずに執拗な取り立てに遭ったり、利用するときに入力した個人情報が流出したりする可能性があります。

困りごとがあれは、イーライフ司法書士法人に遠慮なく相談してください。

急いで問合せたい方はLINEでお問い合わせください。
返済日当日の対応も可能です。

よかったらシェアしてね!
目次